相続を確実に執行するためのポイント

相続を確実に執行するためのポイント

このサイトでは、相続の相談は必ず余裕を持ち行うことが確実に執行するためのポイントに繋がる、このような基礎的な知識を中心に初心者でも分かりやすく解説しています。
また、弁護士や司法書士、税理士や行政書士などの専門家に依頼することへの大切さや理由にも触れています。
専門家に依頼するタイミングはどのくらいから始めるのが良いのか、理由およびタイミングなどにも触れているので該当する人など参考にされることをおすすめします。

余裕を持った相続の相談を行い確実に執行するためのポイントを解説

余裕を持った相続の相談を行い確実に執行するためのポイントを解説 相続することになった人にとって、手続きは何から始めるべきか分からないというケースは多いと言えましょう。
必要な手続きができないままになっていると健康保険の支払いが継続されていたり、死亡保険金を受け取ることができないなどマイナス面も少なくありません。
そのため、相続は余裕を持ち専門家へ相談するのがおすすめです。
専門家といっても、弁護士や司法書士、税理士などそれぞれの専門分野および独占業務の領域内での相談ができるので、相続について依頼することは確実に執行することへのメリットに繋がります。
仮に相続税の相談となったときには税務に関する独占業務を可能にする税理士、争いなどが起きる可能性があるときには弁護士に依頼するようにしましょう。

相続の準備や相談は早めに行うことが大切

相続の準備や相談は早めに行うことが大切 あらかじめ準備や相談をしておくことで、相続税の手続きをスムーズに済ますことができます。
どれぐらいの遺産があるのか、誰を相続人に指定するのかといった問題は、たとえ親しい家族であってもなかなか話しにくいものです。
遺産を残そうとしてくれている相手に踏み込むことになりますし、指定する側としても相続人の態度が変わる可能性もあります。
しかし、細かな準備はやはり必要です。
遺産について準備をしようと考えていたけれどある日突然状況が変わってしまってそれどころではなくなった、残された時間が予想以上に少なかったという事態に陥ることも十分にありえます。
できるだけ早い段階から今後のことを考えておくことでスムーズな遺産相続ができるとともに、トラブルの回避にも役立つでしょう。
遺産について考えなければいけないことはたくさんあります。
誰を相続人に指定するか、どれぐらいの割合で分けることになるのかといった点はもちろんのこと、節税についても考えなければいけません。
実際の手続きを誰が担当するのか、家族は納得しているのかなどの問題を解決するためには、早めに動き、時には専門家への相談を行いながら解決を目指すことが重要になるでしょう。

相続を円滑に進めていくために必要な話し合いの場

相続をスムーズに進めていきたいと考えている場合には、遺産相続に関する話し合いの場所をきちんと設けなくてはいけません。
一般的に、こういった話し合いは遺産分割協議といいます。遺産分割協議を行うときには、客観的にその話し合いによって配分の内容が決められたということを証明するための証拠も残しておかなくてはいけません。当然ですが、権利者同士が話し合いをするときには、もめ事に発展してしまう可能性も否定できません。こういった状態になると、まともに話し合いをすることができなくなってしまいます。円滑に進めるためには、法律専門家を事前に雇っておいて仲介に入ってもらい、スムーズになるように準備をする必要があります。その上で、その中で決められた遺産分割の配分を客観的な証拠として残しておくことによって法律的な効果を発揮できるようになります。話を進めていって、お互いが納得をして同意すればそれで問題ありませんので、こういった状況を作れるようにきちんと準備を進めておく必要があります。

権利者にはその相続権を放棄する選択肢もある

相続の対象となる財産には、様々なものが含まれます。その中でも最も大きなトラブルとして認識されているのが、借金の存在です。
例えば、亡くなった人が多額の借金を抱えている状態である場合、その借金は相続権利を持っている人たちに対して継承されてしまうという背景があります。当然ですが、そのままの状態で借金が継承されてしまうと残された人達に対して大きな負担となってしまいます。こういったトラブルが生じないように、事前にその相続権を放棄するという選択肢が準備されています。文字通り、与えられた権利を手放すことになりますのでそれまでの遺産を継承するための権利をなくすことになります。ただ、全ての立場を放棄することになりますので借金を背負うこともなくなります。余計なトラブルに巻き込まれたくないと考えている人は、こういった選択肢が存在するということを知っておかなくてはいけません。1度その選択をすると、今後は相続の話し合いに関わり合うことが無くなりますので安心です。

基礎控除額を超えると相続に課税が発生します

亡くなった親や祖父母などの遺産を受け取る場合には、相続に課税がかかります。財産をもらったからといってすべての事例で相続税の課税が行われるわけではなく、受取額が基礎控除額を超えた場合に税金の支払いが必要になります。
受取額が葬式費用や借金などにより基礎控除額を上回らなかった場合には、税金を払わずに済むでしょう。ただし、借金をはじめとしたマイナスを精算してもなお基礎控除額を上回る金額が残った場合には、期限内に相続税を払わなければいけません。いくら税金を納めるか計算するためには、まずは遺産についての総額を知ることが重要になります。預金はもちろんのこと不動産なども含まれるため、亡くなったあとの納税手続きなども考慮して早めにすべての財産を算出しておくことをおすすめします。悲しみをこらえながら法定相続人となる遺族の手続きをスムーズに進めるためにも、いかに総額をわかりやすく提示しておくかが大切になるでしょう。

相続でもめないためには遺言書を作成すべき

親は愛する子供のために親は家や土地や株券や貯蓄さらには骨とう品などを残しておきます。しかし、子供のためにとっておいたにもかかわらず、親が亡くなった後で兄弟どうしで相続争いが生じてしまい、仲が良かった兄弟たちが仲たがいになってしまった、親の死をきっかけに兄弟同士の付き合いが全くなくなってしまったというケースはとても多いようです。では、そうならないためにはどうすればいいのでしょうか?それは、元気なうちに早めに遺言書を作成しておくことです。
自分で書面にして保管しておくことも良いことですがよりお勧めしたい方法としてはので、司法書士や行政書士や弁護士などの力を借りて正式な様式で書面にしておくことが重要です。誰に何をどれだけ相続するのか、といったことなどを書面にしておくとともに、遺言書通りにきちんと分配されたかどうかを見守ってもらうことも大切です。そうするならもめずに相続がきちんと分配されるに違いありません。

相続によって損をする場合に活用できるしくみ

亡くなった人が生前に所有していた財産を近親者が受け継ぐのが相続ですが、いつも相続人にとってメリットになるとは限りません。
現金や預貯金、不動産のような遺産があればたしかに受け継ぐメリットは大きいはずですが、たとえば生前に未返済になっていた借金、他人のための連帯保証契約により肩代わりさせられる借金なども、実は遺産のなかまに含まれており、このようなマイナスの財産が多い場合には逆に損をしてしまうことにもなりかねません。こうした損を解消するためのしくみが民法のなかには設けられていますので、遺産の内容を精査した結果しだいでは検討してみてもよいでしょう。たとえば相続放棄はなくなった人から遺産はいっさい受け継がないことを裁判所に申し出て認めてもらうしくみです。この場合にはプラスの財産も引き継ぐことはできなくなりますが、マイナスのほうが多すぎるのであれば威力を発揮します。ほかにもプラスの範囲内でマイナスの財産を引き継ぐ限定承認とよばれる方法もあります。

相続 相談の参考サイト

相続 相談

新着情報

◎2022/2/2

情報を追加しました。


>相続を円滑に進めていくために必要な話し合いの場
>権利者にはその相続権を放棄する選択肢もある
>基礎控除額を超えると相続に課税が発生します
>相続でもめないためには遺言書を作成すべき
>相続によって損をする場合に活用できるしくみ

◎2021/12/15

サイトを公開しました